So-net無料ブログ作成
検索選択

東京駅にF1マシン [F1]

昨年はオアゾにWilliamsのマシンがあってコックピットに座ってゲームをできましたが、今年はRenaultのマシンが置いてあるだけか~


サンマリノGP [F1]

シューマッハーの集中力のすごさはさすが。あんなバトルが続いてもミスがなかった。
残念なのは抜けないイモラでのレースだったこと。抜きどころ満載のサーキットでこんなテール・トゥ・ノーズのレースを見たい…そうすっとアロンソが勝ちまくりか?

それにしてもマクラーレン、ホンダは優勝に絡めずいいとこなし。このままでは昨年と同様にアロンソに逃げられてしまう。シューマッハーがこれからも同じようにアロンソとバトルできるかはちょっと疑問だしね。

北米に渡るまでどこまでルノーに近づけるか注目。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バーレンGP [F1]

開幕戦、予選でライコネンがクラッシュして「今年もかよ~」との声があちこちで発せられたのではないでしょうか?

新しい予選方式は目まぐるしく順位が変わり、テレビ中継を見ていても誰がおちるんだかよくわからない。
生でタイミングモニターを見ながら観戦すると面白かったんではないでしょうか?
うちもスカパーと契約しようかな~

決勝では、アロンソの安定した走りに目がいきます。最後にシューマッハーが迫ってきても慌てず着実に離していきました。
今年もアロンソ強しを感じさせるレースでした。対抗できるのはやはりライコネンですかね。
フェラーリホンダあたりはそう簡単には勝てなさそう…

意外というか驚いたのがウィリアムズのロズベルグ。テストのときから高いポテンシャルを見せていましたがデビュー戦でポイント、そしてファーステストラップまで記録するとは。
次戦以降がさらに楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スーパー・アグリ・フォーミュラワン正式承認 [F1]

ようやく承認されました。

SUPER AGURI

亜久里チーム、FIAから晴れて正式承認受ける

FIA、SUPER AGURI Formula 1のエントリーを承認 11番目のチームが誕生

開幕まで40日あまり、果たしてどこまで準備できるのか?
ちょっと前のどこかのチームのように、開幕戦がシェイクダウンとならないようにしてほしいものです。

亜久里チーム、「ドライバーはまもなく正式発表」

佐藤琢磨、うれしい誕生日に?

琢磨は確定、もう1人は噂通り井出有治なのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:スポーツ

SUPER AGURI Formula 1 [F1]

昨日あたりからなにかありそうでしたが....

Honda announcing new team tomorrow

11番目のチームが遂に発表されたようです。

鈴木亜久里氏、新チームでF1挑戦へ=エンジンはホンダ、ドライバーに佐藤有力

オフィシャルには、現時点で何もありません。

まだ、承認されていないようですし、マシンがどうなるのかという問題もあります。
はたしてエントリーリストの載るのでしょうか?

ところで、スポンサー(?)にソフトバンクの名前があがっていますが…なんのためなのかしら?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

新レギュレーション [F1]

来年に施行される新レギュレーションがFIAから発表されました。

-予選方式変更(ノックアウト方式)
-レース中のタイヤ交換可

の2つです。

予選はこれまでの1周のみタイム計測ではなく、まず15分セッションを行いタイムの遅い5台が脱落(20台とすると16-20位が決定)。
次の15分のセッションでまた5台が脱落(同様に11-15位が決定)。最後に残った10台で20分のセッションを行いグリッドが決定、というものです。
タイムチャートの順位が目まぐるしく変わるような予選がまた見られることになりそうです。

シーズンはタイヤがたれてタイムが上がらないとか、トラブルを抱えたまま走りあわや多重クラッシュという場面もあったことを考えると、タイヤ交換が許されることになったの良いとおもいます。ただ、それによってコストがかかるわけです。予算の少ないチームへの影響が懸念されます。

その他ではスリックタイヤ、タイヤの1メイクについては暫定ですが2007年からとなったようです。

また、オーバーテイクがしやすくなる Centreline Downwash Generating Wing (CDGウィング)の導入も2007年からあるかもしれません。

これは、これまでよりダウンフォースを増やしドラッグを減らす効果あるウィングのようです。でも風洞で得られたデータではなく、コンピュータ上でシミュレートした結果のようです。

実際に走らせてみないと判らないのではないでしょうかね。まぁ全チームがこのウィングになるというよりは、こんなウィングだとレースが面白くなるんでない?という提案を受け各チームで評価していくようですので、机上の空論になるかもしれません。

いろんな噂が飛び交っているホンダと琢磨ですが、琢磨の今後を左右する新チームについては何もなかったようです。
はたしてホンダ系新チームなのかトヨタエンジンのミッドランドなのか、それとも…


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

上海GP [F1]

最終戦はワールドチャンピオンの強さを見せつけられる結果となりました。

セイフティカーが入っても入らなくても関係なしのポールトゥフィニッシュ。
チームとしての戦略(フィジケラの使い方)も嵌りコンストラクターズタイトルも獲得したルノーに対し、考えられないアクシデントでモントーヤがリタイヤに追い込まれ万事休すとなってしまったマクラーレン。ライコネンも最後は意地のファステストでアロンソに迫るも序盤にフィジケラを抜けなかったのが響いて2位でフィニッシュ。

セイフティカーやペナルティおかげで、上位チーム以外の表彰台、ポイント争いもあり最後まで楽しめたレースでした。

一方、相変わらず楽しめなかった琢磨君。ロケットスタートで期待を抱かせるもフライング。あいたたた……
2度のセイフティカーも生かせず、あえなくリタイヤ。良いことなくシーズンが終了してしまいました。

来シーズンはどうなっているのでしょう?

噂の新チームは本当に参戦してくるのでしょうか?

11月15日を待ちましょう。



ミナルディは、スクアドラ・トロ・ロッソとなり、ドライバーも決定(といってもメンツだけで誰が新チームなのかは不明)したようですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本GP [F1]

ライコネン=マクラーレンとアロンソ=ルノーの力を見せつけられたレースでしたね。
マシンの差がありすぎ、もちろんドライバーの能力もトップな訳ですが…

予選終了後、良い流れになっていると思われた琢磨くん。
決勝でクリエンと絡まずS字に入れれば、と願いスタートを待ったわけですが………

なんでかな~

とりあえずコースに戻れましたが、その後のラップタイムも平凡で後方から追い上げも期待薄。テレビにも撮してもらえません。
撮してもらえないところで、トゥルーリに激突してレースから除外という体たらく。

本人は攻めている結果ということなんでしょうが、温和しいレース(無理な追い越しはしない、抜かせるときは1台分あけるなどありますが、安全なレースのためなのでそれ自体を批判しているわけではありません)が求められている昨今のF1は彼には向いていないのかもしれません…

攻撃的なドライビングとクレバーなドライビング。この2つがF1ドライバーの求められる。

両方持っていないドライバーは、F1界から早々に去っていくことになる………………

果たして来年、琢磨に居場所はあるのだろうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

来シーズン、11番目のチームが参戦!?! [F1]

ぼ~といつまでも逃避している場合でないニュースぐわぁ!

Honda takes full control of BAR
ホンダ、B.A.Rチーム完全取得のリリース
新チーム参入はすでに確定的?
琢磨、来季シートの可能性が濃厚に
F1新規参入予定チーム、佐藤にオファー=ホンダがエンジン供給計画

Jordan(Midland)という選択肢が残っているのか気になるところ。新チームが潤沢な資金と優秀な人材を持っているのならよいのだが…

これによって、琢磨=HONDAの図式が明確になってしまうことに…
F1ドライバーとしてみるとマイナスだと思うんだけどな~。まぁ自力があればどうにでもなるだろうけど年齢的には厳しいよな~。
琢磨には後ろ盾無しで世界と渡り合えるドライバーになって欲しい、なれると思ってたんだけど………

エクレストン氏、『コカコーラ』を誘致

これも関係あるのかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブラジルGP [F1]

モントーヤ優勝! アロンソ チャンピオンに

マクラーレン勢がレースをリードするものの、慌てず騒がず何事もなかったようにきっちり3位をキープしたアロンソのワールドチャンピオンが決定しました。おめでとう。

レース中、アロンソは後からのプレッシャーもなく、ライコネンもアロンソが3位をキープしている限りはどうすることもできず淡々と走らざる終えない展開。チャンピオンが決定したレースとしては物足りなさも感じてしまったりしましたが、これで残り2戦はマクラーレンvsルノーのコンストラクターズ争いが繰り広げられることになります。1台でもリタイアさせるわけにはいけない4台のサバイバルレースが期待されます。

マシンのポテンシャルからするとマクラーレンが有利なの確か、だがポイントは信頼性(エンジン)とドライバー(モントーヤ)。今シーズンこの2つに苦しめられたマクラーレンが自滅するのか、あるいはルノーを圧倒するかのどちらかのような気がします。

さてさて、ブラジルで早くも鈴鹿スペシャルを搭載してしまった琢磨

スタート直後のアクシデントをやり過ごし1周目を終わって11位、他車がピットストップしている間に1ストップの琢磨は6位までポジションアップ。
LapChart
しかし、琢磨自身がピットインしたあとは10位となりその後は見せ場もなくチェッカーを受けることに…

重すぎでグリップも良くない状態ではペースも上がらず、今回だけは2ストップは裏目に出てしまったような感じでしたね。
ダウンフォースを減ららしたためセクター1セクター2のベストタイムは悲しいほど遅い(つД`)
まっバトンもポイントは取れたものの苦しんでいだようですし、琢磨も終盤はマシントラブルがあったようですが、鈴鹿に向けてベストとは言えないまでも、決勝を見据えて期待のできる予選出走順位ではないでしょうか。

来季のシートを失ってしまった琢磨ですが、ジョーダン(来季ミッドランド)の可能性がでてきました。

琢磨に古巣ジョーダンが興味
トヨタは「琢磨とミッドランドの交渉に手出しはしない」

残っているシートからすると、一番可能性があるのは確か。さてどうなるのでしょう?

いよいよ次戦は日本GP。今年は現地にはいかずに、最初で最後?のフジTV生中継で………違った、こっちで観戦です。

意味不明なコメントしかできないゲストは呼ばないでね、ただでさえ永井大がいるんだからさ…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。